So-net無料ブログ作成

ハードボイルドとビジネス

やくざ屋さんは、実家のご近所さんのつながりで少し知っている。
一般人には普通に接してくれるので、あまり酷いイメージはない。

ところで、ツイッターで有名な猫組長の本を読んだ。
いわゆる経済やくざ、インテリやくざだった方で、普通では縁がない世界が覗けるということで面白い本だ。

はからずもバックパッカーをして安宿に泊まりながら旅をした話や、石油取引の話も面白いのだが、私には人身売買や臓器売買の話がショックだった。
インドの人身売買の話は、私も聞いたことがある。
かつて日本でも、口減らしのために貧しい家庭が子どもを遊郭に売ったりということはあったが、そんなレベルではないえげつなさ。
世界の恵まれない子どもたちのために! という団体には、怪しげなものも含まれていることは、わかってはいるが、そういう団体も絡んでいるらしく闇は深い。

それよりも、フランスである。
シャルリーの一連の問題・事件のとき、私はシャルリーを擁護するフランス人が多いことにびっくりした。
もちろん表現の自由は認められるべきだけど、人間としてどうよ、という案件だったからだ。
シャルリーは、福島原発の事故を揶揄した風刺画を掲載したことがあり、この頃から、人間としてどうよ、とは思っていたのだが。
フランス革命で王を血祭りにあげ、勝ち取った「自由」は、何かヘンだ。
今や、フランスが臓器売買の中心になっているときいても、そうだろうなぁ、という感想しかない。

もちろんフランスは世界一の観光大国だ。
美しい景色、美食、素晴らしい芸術を求めて、世界中から観光客がやってくる。
それは、それ。これはこれと言ってしまえば、それまでだけど、私はフランスは恐ろしい国だと思う。

観光に行くにはよい国なので、オススメはするが、昨今一般人でも巻き込まれかねない事件が起こっているので、十分気を付けてほしい。


note始めました! 旅行業界裏話


猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言

猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言

  • 作者: 猫組長
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2018/06/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。