So-net無料ブログ作成

かぐや姫は月に帰った

先日亡くなった高畑勲監督の遺作、「かぐや姫の物語」がテレビで放送されていたので見た。
従来のジブリ映画とは趣きが異なる作品だ。
今回改めて見て、よくできているとしみじみ。

忘れかけているが、私の専門は平安朝文学。
『竹取物語』は変体仮名で習った。ずいぶんハードな授業だった記憶がある。
紫式部は『竹取』を「物語の出で来はじめの祖」と言った。
日本最古の物語だ。
月に帰る姫君の物語が、日本最古の物語作品とはエレガントではないか。

この作品の作者は不詳ではあるものの、当時、出世レースからはずれた男性貴族であったことは、まず間違いない。紀貫之では、などいろいろな説がある。
不思議なことに、男性が書いたものにも関わらず、女性の気持ちがよく描かれていて、しかも、それが1000年も前のものだ。
元ネタとして、中国の『斑竹姑娘』を挙げる学者もいるが、細かい描写はこの男性作者によるものだろう。

ストーリーは、月から来た姫が成長し、クズ男を一人ずつ潰してゆき、最後は月に帰るというもの。
作者は姫を使って、出世した男性をこき下ろしている。
「かぐや姫の物語」には、捨丸という原作にはないキャラクターが登場していて、なかなかよい味を出している。幼馴染の姫に再会し、すでに女房・子どもがいる捨丸は、姫と一緒に出奔したいと言う。
結局は、彼は子どもを抱き上げて、女房と歩き出す。
一夫一婦制は日本ではまだ新しいものなので、不倫ということばは当たらない。
だが、なかなかのクズ男っぷりが、いい感じだ。

私の旅行会社は、この姫の名前をいただいた。
姫は、時間も距離も移動する旅行者だ。
さらに、こんな面白い、1000年も前の作品に寄るとはよいのでは、と。
変体仮名のテキストが、いまだにチラチラしないでもないが、よい名前だと思っている。

中欧・ドイツ語圏への旅行相談に応じます。お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。(旅行会社として相談にのる場合は有料です)


かぐや姫の物語 [DVD]

かぐや姫の物語 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2014
  • メディア: DVD



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。