So-net無料ブログ作成

もももすももももものうち その4

DSCN1255.jpg
全日空系のLCC(ローコスト・キャリア)、ピーチ・アビエーションに初めて乗った。
成田第一ターミナル、南ウィング国際線の到着ロビーのすぐ近くにカウンターがあるのは知っていたが、利用するのは初めて。
チェックインが始まる前は、チェックイン・キオスク周辺には誰もおらず、時間になってオープン。
それはいいのだが、キオスクの使い方が分からない方が多いようで、なかなか列が進まない。
やっと搭乗券を手に入れ、次は荷物預けだ。私は、あらかじめ、預け荷物ありのプランでチケットを申し込んでいたのだ。
ここでも、列が進まない。前方を見ると、スタッフの方が荷物預けの料金について、一所懸命に説明している。
LCCは、預け荷物、機内食等々、すべてオプション。
合理的といえば、合理的なのだが、まだそのしくみが浸透していないようだ。運行を開始して、もう5年もたっているというのに。

成田での搭乗ゲートは、LCCだからと差別されることもなく、普通の待合スペース利用。
ただし、もう定番となった遅延には苦笑。
この航空会社は常に遅延して飛んでいるというイメージがあったが、やはりそうだった。
時間に余裕がある人しか使えない。だが、そのぶん安いので、需要はある。

CAさんはお若い方が車内販売ならぬ機内販売のために、くるくると立ち回って忙しい。
飲み物のメニューを見たが、良心的な値段だ。
高くしては売れないし、このあたりは上手だと思う。

チケットを買うタイミングによっては、レガシーキャリアとそんなにチケット代は変わらないことも。
うまくLCCとレガシーキャリアを使い分ければいいと思う。
ただし、時間に余裕があるときでなければ、LCCは使わないほうがいいだろう。

ドイツ語圏および中欧への旅行相談に応じます。国際線・航空券も手配可能です。お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。(旅行会社として相談にのる場合は有料です)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。