So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ポーランドでみかけたサンティアゴ巡礼の道

DSCN0603.jpg
ポーランドの古都トルンから車で一時間くらい北東へいったところにシャファルニアというショパンゆかりの田舎町がある。ここには、ショパンが滞在した建物はなくなってしまったものの、近くの建物がショパン館として公開されており、一角はコンサートホールになっている。
そこで、私は見覚えのあるマークを見つけた。
それはホタテのマークで、スペインのサンティアゴ巡礼の道の道しるべである。
地元の方に尋ねると、ポーランドのいたるところに巡礼の道があるのだとか。
本場、スペインほどではないが、歩く方もいらっしゃるとのこと。
ポーランドは、ヨハネ・パウロ二世の出身国でもあり、カトリック信仰がとても強い国。
スペインとポーランドは、ずいぶん離れているが、ここにも巡礼がいるのだと、以前少し歩いたスペインの巡礼の道を思い浮かべた。

そして、ポーランド北部の港町グダンスク。
ここの橋でも、ホタテマークを発見。
グダンスクに来るのは、初めてではなかったのだが、前回は気付かなかった。
巡礼の道としてのグダンスクは知らなかった。
地元の人に聞いても、それほどメジャーではないようで、そんなにたくさん巡礼を目的にここに来る人はいないようだ。
だが、ここにマークがあるということは、これを道しるべに歩く人がいるからだろう。


ポーランドの写真は、こちらでも公開中! 現地への旅行相談に応じます。お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。(旅行会社として相談にのる場合は有料です)


DSCN0709.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。