So-net無料ブログ作成

ウィーンで甦った武家屋敷の模型

先日、オーストリア大使館の付属機関、オーストリア文化フォーラムにて、ウィーン世界民族博物館の学芸員さんが講演をしてくださるというので、いそいそ出かけてきた。
さすが、博士。私でもわかるクリアなドイツ語(時々英語)で丁寧に説明してくださった。

ウィーン世界民族博物館は大規模な改修工事が終り、2017年10月25日にリニューアルオープンしたばかり。
目玉は、お武家さんがお住まいだったであろう日本家屋の模型。今回のテーマはこの模型について。
1873年のウィーン万博に明治政府が出品した精巧な模型で、博物館が4年もかけて修復したのだとか。
とても広いお屋敷だったようで、能舞台まで備えている。
私は、6月にウィーンに行っているのだが、その時はまだ見られなかったので、次回は是非見たい。

ところで、博士の説明でおかしな点が。
英語では、この模型について、Model of a daimyō residence としてわかりやすい。
ドイツ語では、Modell einer Daimyō-Residenz であり、英語と同じく、こちらもわかりやすい。
問題は日本語である。
buke hinagata  武家雛形
とあるのだ。
雛形は、模型の意味合いがあるので、わかる。だが、武家とは。
英語やドイツ語と同じように、武家屋敷、もしくは大名屋敷とすれば意味が通るのだが、なぜか武家。
武家は、武士の家筋やまたその家の者のことをいうのだが…

たまたま、これを日本語訳した方が会場にいらっしゃって、後ほど経緯をうかがった。
その方は「武家屋敷」と訳したそうなのだが、オーストリア人博士が「家」という字がついているからと「屋敷」は不要だと思い込み、外してしまったのだとか。
なんともはや。

そんなわけなので、ウィーン世界民族博物館で日本家屋の模型をご覧になったら、正しい日本語の説明は「武家屋敷の雛形」なので、ご留意を。


ウィーンへの旅行相談に応じます。お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。(旅行会社として相談にのる場合は有料です)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。