So-net無料ブログ作成

観光日本のつくりかた

デービッド・アトキンソンさんの『世界一訪れたい日本のつくりかた―新・観光立国論【実践編】』を読み終えた。
以前『新・観光立国論』を読んだ時も、「日本の経済成長は人口増加のおかげだ」とスパッと切っていていい感じだったが、今回も切れ味バツグン。

日本の旅行業界には、独特の習慣というかシステムがある。
ゴールデンウィークなどに団体が押し寄せて、それをいかに効率よくさばくか、それが至上命題なのだ。
日本人の旅のスタイルも変わってきているし、訪日客だって増えてきている。
今のシステムが機能しなくなっているので、仕切り直しましょう、という提案だ。
しかも、詳細なデータ付。

言われてみれば最もな話なのだが、近場からのお客さんは、それほどお金を使わない。
滞在日数が少ないのだから当然。
だから、商売をするならば、長距離はるばるやってきてくれる上客をつかまえましょう。
ヨーロッパからのお客さんがねらい目ですよ、とのアドバイス。
まったくもって、同感だ。

五つ星ホテルが日本に少ない、サービスの質も微妙だということもわかる。
日本は「おもてなし」の国だから、サービスに何の不満があるのだろうといわれるかもしれないのだが、アトキンソンさんの指摘は的を得ている。
本当にいいホテルで、サービスを受けた経験がある人ならばわかるはずなのだが、私は日本の「おもてなし」とは「私はサービスしている」という思い込みではないかと思う。
旅行屋もそうだし、ホテルマンも、自分で旅行にでかけて、実際に自分が客の立場になる機会がなければ駄目なのでは。お金はかかるけど。

ただひとつこの本に不満があって、ところどころにあるピンクっぽいマーカーのようなシルシがうっとおしいことこの上ない。ここが大切ですよ、ということなのだろうが、「私はサービスしている」という思い込みと同じレベルだと思う。


世界一訪れたい日本のつくりかた

世界一訪れたい日本のつくりかた

  • 作者: デービッド アトキンソン
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2017/07/07
  • メディア: 単行本




Reisetipps für Japan お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。