So-net無料ブログ作成
検索選択

安くていいものは?

2017年3月27日に破産手続きを開始した「てるみくらぶ」。
ニュースをきいて初めてその名前を知ったという人も多いだろう。格安ツアー愛好者には、とても有名な会社だ。
金曜に航空券が発券できないという一報をきいて、私の正直な感想は「あの会社なら仕方がない」。

仕方がないにせよ、被害にあった方は日本旅行業協会(JATA)にコンタクトしてほしい。
JATAでは専用のページをつくっている。 ここに、旅行パンフレット、旅行申込書、請求書、メールの記録等の関係書類は保管しておいてください、とも書かれているとおり、あらゆる証拠はとっておいてほしい。

よく言われるのが、そんなにヤバイ会社ならば先に教えてくれたら、というもの。
不可能。
同業者ならばヤバイ会社はわかっているものの、実名をだしたら訴訟モノである。
だが、落ち着いて考えてほしい。
スーパーで食品を買う時、産地を確かめたり、メーカーを確かめたりしませんか? そして、あまりにも安いと疑いませんか?
旅行商品もそれと同じ。
安くていいものなんて、存在しない。

ホテルや航空券は仕入れ値がある。もちろんホテルや航空会社が自社の損になるような値段で卸すわけがない。そこで、何が削られてあの価格になっているか、ちょっと考えてほしい。
いいものは、それなりの値段。安心安全は金で買うものだ。

てるみくらぶ以外にも、ヤバイ旅行会社はある。
それは、安くていいものなんて存在しないと思ってみると自然に区別できると思う。
また、旅行屋は職人的なところがあって、担当者によって当たりはずれがある。大手の旅行会社でも、はずれが結構いるので要注意。
逆に当たりがいたら、ラッキーだ。当たりを探すには、いろいろ質問してみること。要望にあった商品が売り切れの場合でも代替のものを提案してくれるか、ネガティブなことも説明してくれるか、そんなところをチェックしてほしい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。