So-net無料ブログ作成
検索選択

ドイツでのアタックが4回

この1週間ほどで4回も起こったドイツでの事件。
テロではない案件もあるので「事件」としか書けないのだが、英語だと、どれも「アタック」だ。
つまり攻撃されたということ。
去年の大晦日に起こった事件も衝撃的だったが、今回は死者もでている。いったいドイツはどうしたのだろう。

7/19には、ヴュルツブルク近郊の列車内にてアフガン系少年が斧で乗客を襲撃。
7/22にはミュンヘンのショッピングセンターで、イラン系の少年が発砲。7名死亡。
7/24にはアンスバッハのミュージックフェスティバルの外でシリア人難民申請者男性が自爆。1名死亡。
おなじく7/24にロイトリゲンでシリア人難民申請者男性がなたで襲撃。1名死亡。

テロだと思われるのは、7/24のアンスバッハだけだが、犯人がすべてイスラム系であろう外国人であるのが気になる。
シリアからの難民がドイツをめざして大移動してから、約10か月ほどたつ。
ドイツは子どもや女性、老人だけでなく、壮年男性まで受け入れて大丈夫なのかという議論はあったのだろうが、そんな心配が的中したのかもしれない。

第二次世界大戦後、ドイツは戦争で若い男性が亡くなってしまい働き手がおらず、トルコからたくさんの労働者を受け入れた。問題はあるものの、おおよそはうまくいきドイツは発展した。
一方、フランスは戦前の植民地支配がひどく、イスラム系の人々からの恨みは相当なもので、フランス人も、どこかで仕返しされるのは仕方がないと思っているフシがある。
ドイツとフランスは、隣同士でも決定的に異なる。
だから、ドイツの人々のショックは相当なものだと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0