So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ウィーンで甦った武家屋敷の模型

先日、オーストリア大使館の付属機関、オーストリア文化フォーラムにて、ウィーン世界民族博物館の学芸員さんが講演をしてくださるというので、いそいそ出かけてきた。
さすが、博士。私でもわかるクリアなドイツ語(時々英語)で丁寧に説明してくださった。

ウィーン世界民族博物館は大規模な改修工事が終り、2017年10月25日にリニューアルオープンしたばかり。
目玉は、お武家さんがお住まいだったであろう日本家屋の模型。今回のテーマはこの模型について。
1873年のウィーン万博に明治政府が出品した精巧な模型で、博物館が4年もかけて修復したのだとか。
とても広いお屋敷だったようで、能舞台まで備えている。
私は、6月にウィーンに行っているのだが、その時はまだ見られなかったので、次回は是非見たい。

ところで、博士の説明でおかしな点が。
英語では、この模型について、Model of a daimyō residence としてわかりやすい。
ドイツ語では、Modell einer Daimyō-Residenz であり、英語と同じく、こちらもわかりやすい。
問題は日本語である。
buke hinagata  武家雛形
とあるのだ。
雛形は、模型の意味合いがあるので、わかる。だが、武家とは。
英語やドイツ語と同じように、武家屋敷、もしくは大名屋敷とすれば意味が通るのだが、なぜか武家。
武家は、武士の家筋やまたその家の者のことをいうのだが…

たまたま、これを日本語訳した方が会場にいらっしゃって、後ほど経緯をうかがった。
その方は「武家屋敷」と訳したそうなのだが、オーストリア人博士が「家」という字がついているからと「屋敷」は不要だと思い込み、外してしまったのだとか。
なんともはや。

そんなわけなので、ウィーン世界民族博物館で日本家屋の模型をご覧になったら、正しい日本語の説明は「武家屋敷の雛形」なので、ご留意を。


ウィーンへの旅行相談に応じます。お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。(旅行会社として相談にのる場合は有料です)

nice!(0)  コメント(0) 

ショパンという男性

DSCN0904.jpg
▲ワジェンキ公園のショパン像

ポーランドに行ってきた。
ポーランドといえば、なんといってもピアノの詩人、ショパンだ。
私もショパンのピアノ曲は好きで、よく聴いている。

ショパンは体が弱かったこともあり、あちこちに療養にでかけていて、その名残が各地に残っている。
だが、やはり首都のワルシャワには、ショパンの心臓がその柱に埋め込まれていることで知られる聖十字架教会をはじめ、ショパン関係の見どころが満載だ。
ちなみに、聖十字架教会のファサード部分は現在工事中だが、内部は問題なく見学できる。

ショパン博物館は、とても現代的で専用のカードを展示物ケースにかざすと説明文が英語であらわれるようになっていたり、ショパンの作品が流れるようになっていたりする。
ショパンが好きな人は、いつまでもいられるような施設だ。

ところで、ワルシャワのワジェンキ公演にあるショパン像は、とても男性的な感じに作られている。
ところが、実際のショパンは身長170㎝で体重が45㎏だったという。
彼は病気だったので、仕方がないのだが、ずいぶん美化されている。
また、活躍したパリでは、リストと交流があり、リストのほうはショパンのことを誉めていたようだが、ショパンは違った。どうやら、ひがみっぽいところがあったようで、超絶技巧のピアノを弾き、その恰好よさから女性に人気のリストに嫉妬したようだ。

それでも、芸術家であったショパンは恋多き男性でもあった。
一番有名なお相手は、ジョルジュ・サンド。
ショパン博物館に、ショパンとジョルジュ・サンドの手紙が展示されていて、それが面白い。
ショパンのサンドあての手紙がとても長いのに、サンドのショパンあての手紙はとても短い。
しかも、「!」マークが多用されている。今ならばスタンプを送って誤魔化すようなものだろうか。
なかなか人間臭くて、私はますますショパンが好きになってしまった。

DSCN1063-1.jpg
▲右上がサンドの写真。左下がサンドの手紙。右下がショパンの手紙。


ポーランドの写真は、こちらでも公開中! 現地への旅行相談に応じます。お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。(旅行会社として相談にのる場合は有料です)


nice!(0)  コメント(0) 

もったいない鳥取空港

DSCN0420.jpg
鳥取に行ってきた。
今、鳥取空港への便は、羽田から3往復のみである。
実にシンプルで、ブリッジはひとつ、搭乗口もひとつなので迷う心配は皆無。
今は国内線のみだが、以前は国際線があったということで、今使用している搭乗口ひとつのターミナルとは別に、国際線のターミナルもある。

ところで、鳥取空港の愛称は「 鳥取砂丘コナン空港 」という。
あの漫画の『名探偵コナン』の作者、青山剛昌さんのご出身がこの近くだからとのこと。
空港の名にふさわしく、「コナン」のトリックアートが国際線のロビーにある。それは、ロビーの床一面に描かれていて、絵の正面に立つと全貌が見えるという仕掛け。
なかなか凝っている。
また、「コナン」に出てきたトリックにちなむ仕掛けもあり、ファンなら大喜びするだろう。
ただし、現在ここは使われておらず、トリックアートに歓声をあげているのは、私ひとり。
鳥取名物の「すなばコーヒー」の支店もあり、「コナン」の登場人物、毛利小五郎の等身大フュギュアもあるのだが、モーニングだけの営業。
寂しいこと、この上ない。

以前、航空関係の学術論文を読んでいて、日本各地にたくさんある地方空港は、軍事、または緊急時のためのものである、との見解を見つけて、なるほどとは思ったのだが、せっかく立派な施設なのだから利用しなくてはもったいないと思う。

以下のフェイスブックのページに鳥取空港の離陸の動画をあげてある。興味があれば、ぜひご覧ください。

Reisetipps für Japan お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。

DSCN0418.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

観光日本のつくりかた

デービッド・アトキンソンさんの『世界一訪れたい日本のつくりかた―新・観光立国論【実践編】』を読み終えた。
以前『新・観光立国論』を読んだ時も、「日本の経済成長は人口増加のおかげだ」とスパッと切っていていい感じだったが、今回も切れ味バツグン。

日本の旅行業界には、独特の習慣というかシステムがある。
ゴールデンウィークなどに団体が押し寄せて、それをいかに効率よくさばくか、それが至上命題なのだ。
日本人の旅のスタイルも変わってきているし、訪日客だって増えてきている。
今のシステムが機能しなくなっているので、仕切り直しましょう、という提案だ。
しかも、詳細なデータ付。

言われてみれば最もな話なのだが、近場からのお客さんは、それほどお金を使わない。
滞在日数が少ないのだから当然。
だから、商売をするならば、長距離はるばるやってきてくれる上客をつかまえましょう。
ヨーロッパからのお客さんがねらい目ですよ、とのアドバイス。
まったくもって、同感だ。

五つ星ホテルが日本に少ない、サービスの質も微妙だということもわかる。
日本は「おもてなし」の国だから、サービスに何の不満があるのだろうといわれるかもしれないのだが、アトキンソンさんの指摘は的を得ている。
本当にいいホテルで、サービスを受けた経験がある人ならばわかるはずなのだが、私は日本の「おもてなし」とは「私はサービスしている」という思い込みではないかと思う。
旅行屋もそうだし、ホテルマンも、自分で旅行にでかけて、実際に自分が客の立場になる機会がなければ駄目なのでは。お金はかかるけど。

ただひとつこの本に不満があって、ところどころにあるピンクっぽいマーカーのようなシルシがうっとおしいことこの上ない。ここが大切ですよ、ということなのだろうが、「私はサービスしている」という思い込みと同じレベルだと思う。


世界一訪れたい日本のつくりかた

世界一訪れたい日本のつくりかた

  • 作者: デービッド アトキンソン
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2017/07/07
  • メディア: 単行本




Reisetipps für Japan お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。



nice!(0)  コメント(0) 

池袋に重要文化財があるのだ

DSCN0290.jpg
池袋というと猥雑な雰囲気のイメージがあるが、そうでもない地域もある。
メトロポリタンホテルから目白側にいったあたりは落ち着いた住宅街。
ここに重要文化財の建物が残っている。自由学園明日館(みょうにちかん)だ。
フランク・ロイド・ライトが設計した建物がきちんと保存、公開されている。
2011年の大震災のあと、耐震工事をするため講堂は閉まっていたものの、最近再公開された。
新築工事よりも時間がかかるのは仕方がない。
見た目は変えることができないからだ。
古いものは壊して、新しく建て直したほうがお金もかからないし、時間もかからない。
だが、残すべきものは残すべしということ。

校舎部分も、ライトの設計がそのまま残っていて、とても素敵。
明り取りの窓、椅子、電燈など、ピーダーマイヤーにちょっと似ているかな、と感じた。

今、講堂で手塚治虫文化賞 受賞作品パネル展をやっている。
有名な漫画家が描いたパネルが展示されていて、個人使用ならば写真撮影も可、しかも入場無料という太っ腹企画だ。
8月20日(日)12:00までで、19日(土)は休みなので、行きたい方は日程に気を付けるべし。


Reisetipps für Japan お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。


nice!(0)  コメント(0) 

ヨコハマたそがれ

DSCN0251.jpg
ずいぶん久しぶりに横浜に行ってきた。
新幹線では、新横浜はしょっちゅう通過しているのだが、新横浜に着くと名古屋方面に向かうときは「もう乗り込んでくる人もいないし、そろそろビールの栓を開けるか」と思い、東京方面に向かうときは「車内でお手洗いに行っておいたほうがいいかな」と思う。私にとっての横浜はそんな位置。申し訳ございません。

私が今回用事があったのは、大さん橋。国際船が発着するターミナルだ。
昨今、クルーズ旅行が人気で、外国人観光客も多数、船で日本を旅行している。
私は、これはいいアイディアだと思う。日本は、ぐるりを海に取り囲まれているし、船に宿泊することもできる。残念ながら、特に地方のホテル事情はそれほどでもないので、これはいいと思う。
私が横浜に行った日も、飛鳥Ⅱが停泊していた。

私は、某セミナーに出席していて、空き時間はさん橋のベンチで本を読んでいた。
まわりの人は、リタイヤした年代の方が多く旅支度をしている。
どうやら飛鳥Ⅱに乗って青森まで行くらしい。素敵な時間の使い方だと思うが、リタイヤしてからではなくても、気軽に船旅ができるようになるといいと思う。
私は、空港の展望デッキが好きで、空港で時間があると離陸する飛行機をよく眺めているのだが、船もいいものだ。

飛鳥Ⅱを見送って、しばらくしたら日が黄昏てきた。

Reisetipps für Japan お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。


nice!(0)  コメント(0) 

幽玄の世界は若干眠かった

DSCN0198.jpg
銀座にオープンした商業施設、GINZA SIXの中に観世流の能楽堂がある。
一度は見ておきたいと先日行ってきた。

私の大学院のときの恩師のひとりの研究テーマが泉鏡花で、私の専門は古典ではあったものの授業はとっていた。ゼミ形式で、なかなかキツイ授業だった。泉鏡花は、能楽師の家系につながっていて、その作品は能を知らなければ理解できないところがあった。だから、私にとって能は、ちょっとキツイ。

だが、新品の能楽堂の誘惑には勝てず、銀座までいそいそ出かけた。
立派な舞台が、日があたらない地下にあるというのも変な気がしないでもないが、泉鏡花の描く「魔界」を思い浮かべたら、地下こそがふさわしいような気もする。幽玄の世界だ。

ところで、実際の能は、若干眠りを誘うものであった。
観客は、暑いのに着物を着ているようなマダムや、意識が高そうな人生の先輩方。だが、先輩方も、ウトウトしていらっしゃるし、上能中にもかかわらず、ときどきボソッと感想を声を出してお述べになったり、なかなか自由な雰囲気ではあった。

それでもやはり、所作のひとつひとつが美しく、どこを切り取っても絵になる。ときどき、ウトウトしながら舞台を見ると美しい。贅沢な時間だった。


Reisetipps für Japan お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。



銀座の雨漏り物件はカプセル

DSCN0112.jpg
新橋・銀座付近の首都高からチラリと見えるアバンギャルドな建物。
この丸窓がついた立方体がくっついているという不思議な建物は、中銀(なかぎん)カプセルタワービル。
日本よりも外国でよく知られているそうで、ヘンテコな形をしている。
ここは、分譲マンションならぬ分譲カプセル。カブセルひとつひとつにオーナーがいるわけで、それぞれ内部は独自に改装しているらしい。ここは、ホテルでも公共のものでもないので、基本的に見学は不可。だが、ツアーをやっている方がいる情報をGETして、内部を見せてもらうことができた。

古い資料だと、民泊をしているオーナーもいたようだが、現在は苦情がきたためやっていないとのこと。泊まったとしても、お湯はでないのでお風呂が困るし、雨漏りもするそうだ。
1972年に竣工されてから、まだ全体の改修工事がなされていないとのことで、当時はモダンだったセントラルヒーティングもとっくにぶっ壊れている。

ただし、デザインはかっこいい。黒川紀章の設計で、カプセルは茶室をイメージしたそう。茶室というより、ドラム式の洗濯機という感じだが。内部は本当に狭いが、心地よい狭さという感じ。
案外、私はここで暮らせるかもしれない。ただ、たいへんだろうなぁ、いろいろ。
分譲ということで、多数のオーナーのOKがないと改装もできないし、建て替えもできない。
建て替えとなったら、今のアバンギャルドな建物はなくなってしまう。
芸術を後世に残すというのもたいへんだ。

DSCN0108.jpg

Reisetipps für Japan お問い合わせはこちらの「お問い合わせボタン」よりお願いします。

性のはざまで

DSCN0041 小.jpg
つい最近、ウィーンに行ってきたのだが、滞在中たまたま「ライフバル」という催しがあった。HIV関係のチャリティのイベントだ。
この日は、会場となる市庁舎前を通る路面電車は午後4時で終了、がっつり交通規制がひかれた。また、昨今の事情によるのだろうが、警備の警察官の数も多いような気がした。

チケットはなかなか高価で、私はホテルのテレビでライフバルの中継を観た。日本でも、すっかり有名になったコンチータ・ヴルストが司会をしていた。この人は、ウィーン市観光局の案内ビデオにもでていて、後姿のなんとエレガントなこと。LGBTの星のような人だ。

客席にいたスイスからやってきた男性カップルが、司会者によって舞台にあげられ、キスをしたかと思うと婚約指輪のプレゼント。会場は、拍手と歓声。

オーストリアは、カトリックが多いとはいえLGBTに寛容というか、常にそのあたりにいるので特別の存在ではない。他人のことなので、どうでもいいし、そもそも昔から外国人が入ってきているのだし、いろいろな人がいるのは当然でしょうというスタンスだ。

ところで、ウィーンの歩行者用の信号機が可愛らしくなっている。ベルリンのアンペルマンを意識したのかは知らないが。
男女が仲よく歩道を渡る絵柄のものもあるのだが、よく見ると他にも種類がある。
男性カップルの信号機もあり、なぜカップルかとわかるのかというと、ふたりの間にハートマークがついているのだ。そして、男性ばかりではいけないだろうとのことで、女性カップルのバージョンもある。
私としては、どうでもいいのだが、ウィーンに行ったら信号機をよく見てみると面白いと思う。
DSCN0044ホモセクシャル.jpg
男性カップルのバージョン

DSCN0046 レズビアン.jpg
女性カップルのバージョン




サラエヴォのホテル

『サラエヴォの銃声』という映画を観た。
サラエヴォの“ホテル・ヨーロッパ”を舞台にして、サラエヴォの歴史と現在の問題を浮き彫りするという映画だ。
サラエヴォのバシチャルシァ地区にホテル・ヨーロッパは実在するが、映画にでてきたホテルはフィクションだろう。ホテル・ヨーロッパは紛争時に爆撃を受けて、ようやくリノベーションしたばかりだ。映画ではリネン室で働く女性が30年働いていると言っているが、その間ホテルは営業していなかったはず。

ホテルの屋上では、女性ジャーナリストがサラエヴォ事件や紛争についてインタビューをしている。
サラエヴォ事件とは、1914年オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子フランツ・フェルディナントがその妻と共に暗殺され、それが第一次世界大戦の引き金となった案件だ。ボスニアでは暗殺者ガヴリロ・プリンツィプが英雄とされていた。
それに、ユーゴ紛争。サラエヴォは戦場となり、多くの犠牲者をだした。
ボスニア・ヘルツェゴビナに住む人々のアイデンティティにつっこむインタビューだ。
そのシーンを見ていて、今は紛争はおさまり平和に見えるが人々の奥底には各民族に対する恨みが根深いことを感じた。

以前私はクロアチア語をクロアチア女性に習っていた。クロアチア語とチェコ語は共通するところも多く、クロアチア語でわからないところは適当にチェコ語で言うと、なんとなく通じるので便利だった。
あるとき、私は「パン」のことを「フレバ」と発音した。チェコ語では、パンのことをそういうので、思わずそう言ったのだが、先生はさっと顔色を変えて「どこで、習ったの!」
なんとセルビア語でも、パンのことはフレバというのだとか。私はチェコ語で言ったのだが、偶然セルビア語でもあったわけだ。クロアチア語ではクルフというので発音は異なる。
普段は朗らかな先生がそんなことをいうなんてびっくりしたが、心の奥底では日本人に理解できない思いがあるのだろう。

この映画を観て、そんなことを思い出した。
私の過去のサラエヴォの記事は、ここここにあります。




前の10件 | -